モンスターストライクは文句なしに面白い

最近のスマホゲームは、なんとなく似たものも多くてつまらないなと感じている方も結構いらっしゃるのではないでしょうか。というのも、まさに少し前までの私がそんな感じでした。しかし、最近モンスターストライクに出会ってからはかなり楽しく再びスマホゲームで遊ぶ事ができています。まだ一度もやっていない方、絶対にモンスターストライクは一度で良いので試してみた方が良いと思いますよ。

このゲームの良いところは、なんといってもモンスターやキャラの種類が豊富だという事です。そのため長い期間やり込んでいってもあきる事がなく長くプレイをして楽しむ事ができます。基本的には無料でプレイができて全く課金なしでもそれなりにやり込めるのも良いところですね。課金しないと全然強くなれない、ほとんど楽しめないではなんだか興ざめですが、そういった事がないのもこのゲームの魅力の一つだと言えるのではないでしょうか。その他にも、最大4人の友達と一緒に遊べるというのも嬉しいです。飽きてきそうになっても友達とやればまた違った楽しみがあります。

ここまで一つのゲームにはまった事自体が久しぶりだったので、純粋に嬉しいです。毎日が楽しく感じますし、もしもモンスターストライクに出会えていなかったら今頃何をしていたんだろうと疑問に思ってしまう程です。まああくまでもゲームですからあまりにもハマりすぎてしまうというのも良くないのかなとは思いますが、しばらくはこのままドはまり状態でできるところまでプレイしていきたいと思います。

きっと皆さんも一度やってみればどれだけ楽しいのかわかって頂けると思います。正直な話、これはもうスマホゲームの枠を超えている面白さだと思います。実際にやってみて楽しいと感じた方は、是非お友達も誘ってみてください。そうすれば一緒にプレイをしてより楽しさを見いだす事ができますし、このゲームの良さを多くの人に知ってもらえるというのは嬉しい事です。”

流行ではなく定着した妖怪ウォッチの人気は続く

自分的にはそんなに関心がある訳でもないんですけど、妖怪ウォッチのスマホゲームが物凄いダウンロードされているみたいです。料金が無料というのもあるのかも分かりませんけど、それにしても凄いですね。何となくイメージ的には過去のものという感じがしていたのですが、まだまだ終わっていないどころではなく、これからまた盛り上がって行きそうな気配を見せています。

この様子を見ていると、ポケットモンスターに通ずるものがあるなと感じます。あれも当初は一過性のムーブメントで終了するのではと思われていたのですが、今もずっとアニメが放送されていますからね。流行では無くて定着したという感じでしょうか。他のキャラクターで言えばドラえもんとかドラゴンボールみたいなポジションになった訳です。それらの有名な作品は、あまりスマホのゲームにはなっていないみたいですけど、妖怪ウォッチは例外みたいですね。

スマホの利用者層と、この作品に親しみを感じている世代がかなり重なっている事がその大きな原因の1つではないかと推測されます。まぁ、これがどれくらい的中しているのかは何とも言えないですけど、当たらずしも遠からずと言った所ではないかと思っています。運営側も色々工夫してるみたいでもう終わりましたが子供に人気なぷにぷに メダル 無料でゲットできるキャンペーンもあったようです。黒鬼を倒すとメダルがもらえるとか。

人気キャラクターはやはりジバニャンでしょうか。あと他には、ろくろ首なんていうのもいます。これは随分昔からありますよね。随分可愛らしくデフォルメされているのが印象的です。昔のままですと可愛げがないという事で子供達から好かれないと判断したのでしょうか。あれはあれで中々面白い感じで好きですけどね。ただ、結局の所それを好むかどうかはアニメやゲームをする人達な訳でして、私みたいな部外者があれこれ言ってもどうしようもないんですけどね。

スマホで無料でやれる妖怪ウォッチですから、とりあえずプレイしてみてはという感じですね。面白いか、つまらないかはその後に判断すればいいでしょう。作り込まれているので面白いとは思いますけどね。

エルブリッサもスマホシューティングの問題を解決出来ず

スマホのゲームというのは、今では家庭用のゲーム機と同じで、様々なジャンルのものが登場している。
しかし、コンシューマーと違ってコントローラーによる細かい操作というのは難しく、画面タッチのみという制約がある以上、コンシューマーとは同じジャンルのゲームであっても大きく操作感は変わるものだ。

どちらかというとスマホのゲームでは細かい操作が求められるタイプのジャンルはやりづらくてしょうがないのだが、ゲーム会社は日夜努力してどうにかその操作感の悪さを解消するかどうかを研究している。
さて、そういった細かい操作が必要なジャンルの最たるものとしてシューティングがある。

自機を操作して敵の弾を避けながら自分の弾を撃ち込み、敵を撃破していくジャンルのゲームだが、これは非常に細かい操作が要求されるのだ。エルブリッサ 攻略にはコツがいるのだ。
エルブリッサもそういったスマホのシューティングで、どうにかスマホでも遊べるレベルまで持ってきてはいるものの、やはり人気が出るジャンルにはなり得ていないというのがよくわかる。

エルブリッサに限らず、スマホのシューティングゲームの何が悪いかというと、精度を求められるゲームであるにも関わらず、画面をタッチして指で画面を隠しながらやらなくてはならない所である。
シューティングゲームは、敵から弾が発射される直後にその弾道を予測して回避行動に移るわけだが、画面タッチで操作する以上、必ずどこかしらで目隠しをされることになる。
視認の邪魔にならないように画面端に指を置いて動かすと操作しづらいし、かといって画面の中央に指を置くと動かしづらい。

大画面といってもスマホの画面はたかが知れている大きさだから、到底邪魔にならないレベルにはならない。
どのゲームでも、こういった問題が一切解決されないのだ。
エルブリッサでも残念ながらこの問題は解決に至ってはおらず、今後同社がシューティングを出す際には是非この問題の解決を期待したいものだ。

誕生から11年のあのゲームがスマホに

カプコンというとロックマンとかストリートファイターみたいなイメージでしたけど、今はスマホゲームの方にも進出しているみたいですね。こちらはシリーズ物で、一番最初の作品は2004年にプレイステーション2で出たそうです。で、その最新作らしいのがモンスターハンター エクスプロアなのです。元々面白いゲームを制作するのが得意なメーカーですから、こちらの方もかなりの期待ができると思います。

ゲームの説明が書いてあるサイトを見たらキャラクターの年齢が表記されていました。これはかなり珍しい様な気がします。何故かと言われても分からないのですが、一般的にゲーム業界では年齢をハッキリ示さない事が多いのです。その方がプレーヤーにとって感情移入しやすいからではないかと思うのですが、こちらはその様な事を一切していません。作品によっては『過去』というのが重要になってきますから、それの理解を助けるためにあえて書いているのかなぁという気もします。この謎に関しては実際に遊んでみて確認してみていただければと思っています。

個人的にちょっとなぁと思うのは、萌えキャラがあまりいない事です。ただ、それだけがゲームの楽しみでは無いというのも事実です。きっとこのモンスターハンター エクスプロアはそれを実感させてくれるはずだと思います。萌えをやれば明らかに集客に繋がるはずなのに、それを拒否したという事は、それなりのクオリティで制作されている事の証なのかも知れません。

モンスターハンター エクスプロアでは小さな島を幾つも探検する事になります。何のためにそんな事をするのかですけど、宝を探すためなんですね。行く手をさえぎるモンスター達の猛攻を防いで目的を達成する事ができるのか?それはプレーヤーであるアナタの技量次第という事になるでしょう。なんて事を言うと大変そうに聞こえますが、丁度良い具合の難しさとなっているので、割とサクサク進められるというレビューが多めですね。モンスターハンター エクスプロア 無課金で攻略を手助けしてくれるサイトもあるようなので心強くていいですよね。

スマートフォンのゲームが与えるデメリット

すっかり定着した感のあるスマートフォン。ガラケーと呼ばれるフィチャーフォンはここ数年で携帯情報端末の主役の座をあっという間にスマホに取って代わられてしまった。

その便利さと普及率の高さからスマホを利用したサービスはさまざまな業種や場面で見られる。
情報検索、各種案内、買い物、交通機関の利用、クーポン券などなど数え上げればきりがないほど多種多様なサービスがスマホで利用できるのだ。生活を便利にしてくれるそんなスマホだが、便利な物の裏には必ずリスクや問題がある。スマホもその例外ではない。

スマホのサービスは無料の物も多いが有料の物ももちろんある。その中でも気をつけなければいけないのがゲームである。ゲームもインストールして遊ぶことは基本的に無料だがその中でお金を払うことでプレイヤーのメリットになるような仕組みが用意されていることがある。いわゆる課金システムというやつだ。

強力なアイテムだったり、レアなカードだったりプレイヤーにとって無くてはならないほどではないが、あれば便利、満足感が得られるといった物が大半だ。基本無料でプレイできるのでゲーム会社としてはプレイの中で利益を上げる仕組みで長くプレイしてもらうほど利益も上がるということだ。

最初のうちは何もしなくてもできていた物が続けていくうちに難しくなり、先に進む為にあのアイテムが欲しくなってしまう。実際の現金を目の前でやり取りするわけではないから心理的にも抵抗が少なく、しかも小額なので手を出してしまいやすい。

大人でもこうした誘惑には弱い物だが自我の発達途中である子供なら歯止めが利かなくなってしまう危険が高い。そればかりか最近ではゲームに細工、改造を施すいわゆるチート行為で逮捕される子供まで出ているほどスマホゲームがもたらす影響は大きく深刻なのである。

課金も違法チート問題もゲーム会社の責任ではなく教育の問題だが、早急に手を打たないと子供の未来に暗い影を落としてしまうだろう。
今だったら『ウパルランド 召喚石無料で手に入ります』なんてネットで見つかったらついつい確認してしまうだろう。スマホゲームは諸刃の刃を持っているという認識を持った方がいいのだ。

スマートフォンのゲームのイベントについて考察してみた

ゲーム内イベントという言葉を聞いても、それを聞いた多くのプレイヤーたちは色々な思いを抱くことでしょう。例えば、プレイステーションやスーパーファミコンなどの実機のゲームを遊ぶのがメインの人達は、ゲーム内で発生するノンプレイヤーキャラクター達のイベントを思い浮かべるでしょうし、パソコンゲームなどでお馴染みのオンラインネットゲームやスマートフォンの多くのソーシャルゲームをメインとして遊んでいる人達の場合は、運営が開くユーザー間のイベントを想像するでしょう。まさにゲーム内イベントと言っても、プレイするゲームのコンソールによって様々なタイプがあるということです。今実際に私が遊んでいるメインのゲームは、スマートフォンのゲームなのですが、このスマートフォンのゲームについてのゲーム内イベントは少し特殊だと感じています。課金アイテムなんてものがある時点でちょっと特殊なきがします(モンストオーブ850コ無料で手に入れる方法があるようですが。)なぜそう思うのかというと、実機のゲーム機でのイベントの場合は、相対するのがノンプレイヤーキャラクターなので、そのイベントはある種の自制心が働くと言うか、どこで終わらすのも自分自身の意思で決めることができるし、何よりあくまでゲームの世界での出来事なので、イベントはゲームの世界だけで終わります。ここまでだと、いったい何を言いたいのかわからない人もいるかもしれません。しかし今から話すことを聞けば、私の言いたいことも何となくわかってくると思います。実機のゲームでのイベントと違って、スマートフォンのゲーム内でのイベントは、ゲームの世界だけで完結することがありません。イベント形式によりますが、例えばランキングイベントなどと言ったタイプのイベントは、そのゲームをプレイするユーザー全員でランキングを競い合います。しかも、そのランキングで上位に入るには課金という形でお金を払わなければならないことが多く、そのイベントでの行動はゲーム内で完結することなく、リアルにまで影響することが多いのです。ここが実機のゲームとの違いといって良いでしょう。対ノンプレイヤーキャラクターイベントの実機と、対人イベントであるスマートフォンのゲームについてこれからも議論が増えていくと思われます。

スマートフォンのゲームの運営者への思いについて

この間遊んだスマートフォンのゲームについてのとあるイベントに思い当たることがありました。それは運営側によるイベントに対するバランス取りによって、ゲーム内のイベントに対する遊びはかなり変わってきてしまうということでした。そのゲームのイベントの内容は、イベント限定で発生するクエストにいって、ランダムでドロップするアイテムを集めて、ゲーム内交換所で特別なアイテムと交換しようというタイプのものでした。イベントは初級と中級と上級と超級に分かれていて、難易度が上がれば上がるほど、そこへ行くための対価であるスタミナの量も増えていき、ランダムドロップするイベントアイテムの数も増えていくというものです。しかし、そこに運営の判断ミスというか、勿体無い要素が入っていたことも事実でした。イベントアイテムは二つの種類がありました。一つのイベントアイテムは、イベント内限定での特殊シナリオを読むために必要であり、そのシナリオを読み終わったユーザーにとっては無駄なイベントアイテムとなってしまいます。もう一つは先ほど説明した、交換アイテムを手に入れるためのアイテムです。交換アイテムを手に入れるためのドロップアイテムはユーザーにとって何も問題はありません。しかしながら、シナリオを読むためのアイテムの場合は、シナリオを読んだユーザーにとっては無意味なものになってしまうために、後半で落ちてきても使い道がないため困ってしまいました。しかもそのシナリオ専用アイテムが、イベント後半も高難易度でボロボロ落ちる始末なので、プレイしているユーザーはかなり激怒したものです。なんせ、交換したいアイテムの交換レートがとても高く、一日の自然回復分のスタミナをつぎ込んだとしても、全ての交換アイテムを手に入れることが叶わない難易度でソレをやられたのですから怒って当然でした。スマートフォンのゲームについてよく思うのは、こういった運営側がたまに判断ミスを犯してゲームバランスを崩してしまうことがあることです。これからもスマホゲーの発展のために、よく注意してバランス取りを行ってほしいというのが私たちの願いです。

スマートフォンのゲームをするために新しい端末を買い換える日々

現在、1人暮らしで仕事も家事も自分でこなす生活をしています。
この生活は誰にも縛られることがないので気軽ですが、その分生活リズムも崩しやすいんですよね。
スマートフォンのゲームをしているとあっという間に時間が過ぎてしまって、徹夜することも度々あります。
別に徹夜をしても仕事は基本的に自由に出勤できるのでいいのですが、日中頭がぼーっとしてしまいます。
ただ、そのぼーっとした感じが心地よく感じてしまうのは、私だけでしょうか。
それでもなんとか社会のイチ員としてうまい具合に回っているので問題はありません。
ただ、自分なりに色々と考えてみると、ぼーっとした状態の方がかえっていいアイディアが生まれるのです。
クリエイティブな仕事をしているものですから、常に最先端の技術に触れている必要があります。
時代に取り残されてしまえばよいものを生み出すことはできない、という点では、ゲーム業界に通じるものがあるのかもしれません。
ゲーム業界よりもある意味シビアな世界で働いているので、頼れるのは自分の感覚のみです。
そんな張り詰めた雰囲気はどうしても苦手なので、スマートフォンのゲームで息抜きをしながら仕事をするぐらいがちょうどいいのです。
あまり無理をしても自分の体や心が健康でなければなりませんから、本当にいい調子で進んでいってると思います。
こうしてスマートフォンのゲームにはまるようになってからは新しい端末も次々に買い換えていっています。
とくに現在使っているスマートフォンが不満というわけではなくても、新しいものが手に入ればテンションも上がるのです。
そして、それがブログのネタにもなってアクセス数がアップすることにもつながるのでやめられません。
ゲームにいくら課金してきたかは計算したくありませんが、いつかは正面から向き合う時がくるでしょう。
パソコンにかじりついてゲームをするよりはアクティブになれるので、スマートフォンのゲームがお気に入りなのでした。

パズル&ドラゴンズはやっぱり面白い

一時期かなり人気で話題のあったパズル&ドラゴンズですが、最近はなんだか下火になってきたなと感じている人も多いはずです。私自身、実際のところ人気の時には一度もやった事がありませんでした。しかしなんとなく今やってみた感想としては、やっぱりあれだけ話題になっただけありかなりこのパズル&ドラゴンズは面白いです。
以前からやっていた友人いわく、最近のパズドラは課金のやり方が酷くてついていけない、なんていう話をしていました。ですからヘビーユーザー的にはやはり最近はあまり良くはないのかもしれませんね。ただ今から始めた自分としては十分に楽しむ事ができていますし、課金もした事がなくこれからもする事はないと思います。
そのくらいの軽い楽しみ方で遊ぶ分には、まだまだこのパズル&ドラゴンズは楽しいアプリなんじゃないかなと思っています。でもやはりハマりすぎてしまったら課金をしたくなってしまうのかもしれませんね。そのあたりは自分でも自分をコントロールして、そうなってしまわないように気をつけないといけないのかなとも思っています。
ただ、やはり下火だからといて放っておくのはもったないアプリである事はここで間違いなく言えるのではないでしょうか。私みたいに全盛期をやっていなくて、これからやってみるというのも選択としては悪くないと思います。きっと誰もが気軽に楽しめると言えるのではないでしょうか。
これからもまだまだやっていきたいと思っています。ハマり過ぎにだけ注意をして、マイペースに暇つぶし感覚で楽しめたら良いなというのが、私が今になってパズドラをやってみた正直な感想です。課金にはまってしまわない限りは、今も十分楽しめるアプリなので、皆さんも偏見でやらないのではなく、一度自身でやってみてから判断をしてみてはいかがでしょうか。きっとその方が損をしなくて良いと思いますよ。
多くの人にとってこれらの事が参考になってくれたら嬉しいです。

ペンの売り上げを大きくアップさせた刀剣乱舞-ONLINE-

スマホゲームは、文房具などに対して影響を及ぼす場合があります。なぜならそのタイプのゲームは、文房具の売れ行きをアップさせる事があるからです。ですので文房具の業界とそのゲームは、密接な関係があるとも考えられるのですね。
ところで最近、ボールペンの売り上げがアップしているようです。何となく察しが付いたかと思いますが、あるゲームのおかげでペンの売り上げがアップしてきているのですね。それが刀剣乱舞-ONLINE-です。
そのゲームは、非常に人気がありますね。私はあるつぶやきサイトで、多くの友達と知り合いました。総じて女性の友達が、そのゲームに興味を持っているようです。
考えてみれば刀剣乱舞-ONLINE-の登場キャラクターは、イケメンが多いですね。和風のイケメン男子が多く登場するゲームなのですが、それだけに女友達の間では大人気です。つぶやきの内容のほぼ8割くらいが、そのスマホゲームに関する内容になっているのです。よほど没頭しているのでしょう。
ところで最近そのゲームに関連する、ボールペン商品は販売されるようになりました。そのボールペンは、前述のゲームの登場キャラクターに紐づいているのですね。いわゆるキャラクターグッズの1つという事になります。
そしてそのキャラクターグッズの売れ行きが、かなり好調なのだそうです。そのボールペングッズの値段は、1,000円以上します。ボールペンとしてはかなり高価な方ですが、それでも相当な売れ行きを誇っているようですね。やはりそのゲームの登場キャラクタのおかげで、売れ行きが上がっているのでしょう。
すなわち、それが上記のスマホゲームの特徴の1つになります。文房具業界とゲーム業界は大きなつながりがあると思うのですが、上記はその一例と言えるでしょう。
ちなみにそのボールペン商品を入手するためには、予約なども必要になります。ある程度定員が限られているようなので、その商品を入手したいと思うのであれば、なるべく早めに予約をするべきでしょう。

1 2 3
PAGE TOP ↑