エルブリッサもスマホシューティングの問題を解決出来ず

公開日:  最終更新日:2015/12/14

スマホのゲームというのは、今では家庭用のゲーム機と同じで、様々なジャンルのものが登場している。
しかし、コンシューマーと違ってコントローラーによる細かい操作というのは難しく、画面タッチのみという制約がある以上、コンシューマーとは同じジャンルのゲームであっても大きく操作感は変わるものだ。

どちらかというとスマホのゲームでは細かい操作が求められるタイプのジャンルはやりづらくてしょうがないのだが、ゲーム会社は日夜努力してどうにかその操作感の悪さを解消するかどうかを研究している。
さて、そういった細かい操作が必要なジャンルの最たるものとしてシューティングがある。

自機を操作して敵の弾を避けながら自分の弾を撃ち込み、敵を撃破していくジャンルのゲームだが、これは非常に細かい操作が要求されるのだ。エルブリッサ 攻略にはコツがいるのだ。
エルブリッサもそういったスマホのシューティングで、どうにかスマホでも遊べるレベルまで持ってきてはいるものの、やはり人気が出るジャンルにはなり得ていないというのがよくわかる。

エルブリッサに限らず、スマホのシューティングゲームの何が悪いかというと、精度を求められるゲームであるにも関わらず、画面をタッチして指で画面を隠しながらやらなくてはならない所である。
シューティングゲームは、敵から弾が発射される直後にその弾道を予測して回避行動に移るわけだが、画面タッチで操作する以上、必ずどこかしらで目隠しをされることになる。
視認の邪魔にならないように画面端に指を置いて動かすと操作しづらいし、かといって画面の中央に指を置くと動かしづらい。

大画面といってもスマホの画面はたかが知れている大きさだから、到底邪魔にならないレベルにはならない。
どのゲームでも、こういった問題が一切解決されないのだ。
エルブリッサでも残念ながらこの問題は解決に至ってはおらず、今後同社がシューティングを出す際には是非この問題の解決を期待したいものだ。

PAGE TOP ↑